高槻市で慢性・重度の肩こり改善に特化した整体院

ほぐしの館高槻店


「おみくじ」

皆様こんにちは、店長の大野です。新年一発目のブログですので、何かお正月らしい題材は無いものかと思案していた所━━、副店長がタイムリーな話題を提供してくれましたので乗っかってます(←せこい)
 
新しい年を迎え、初詣に行かれた方も多いと思いますが、“おみくじ”って引かれましたか? 私は折角おみくじを引いても、3日後には書いてある内容を完全に忘れてしまうので、あまり意味なく思えていつの頃からか引かなくなってしまいました。そんな面白味の無い私に代わって、おみくじを引いてきた副店長の結果がこちら!

omikuji.JPG
 
えっ!!!? “平”って何っ?? そんなの聞いた事無い(笑) そもそも、“吉”とか“半吉”とか“小吉”とかの吉凶の順番って皆さんご存知ですか?? 私も前々から疑問に思ってはいたのですが、何となくあやふやなまま過してきたので、この機会に調べてみる事にしました。
 
伊勢神宮を本宗として日本各地の神社をまとめている、いわば神社の総本山である神社本庁の記載によると、数年前までは“大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断”という事になっていたそうです。しかし、最近になってその記載が変わり“吉や凶、または大吉・中吉・小吉・末吉という吉凶判断”という吉の順位が明確にされていない記載に変更されたそうです。その背景には近年のおみくじが神社によって多様化している為、それを考慮したものだと言われているそうです。
 
ほとんどの神社などが、上記の6種類に大凶を加えた7種類の表現が一般的ですが、その順序も神社によって
■大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・大凶
■大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶
の、どちらかのパターンに分かれるそうで、吉の位置づけは神社によって違いがあるようです。つまり、本当の吉の位置付けを知りたければ引いた神社に聞きなさいという結果でした(←なんじゃそりゃ)。
 
さてさて、それはさて置き、副店長が引いた謎の“平”ですが・・・。副店長が言うには、石清水八幡宮でおみくじを引いたそうなんですが・・・。仕方が無いのでこちらもついでに調べた所、“平”のでる神社がいくつかあるそうで、京都府の下鴨神社、大阪府の住吉大社、広島県の厳島神社、埼玉県の氷川神社など由緒ある神社に多くある表現のようです。意味は、字のごとく“平穏”や“普通”という意味だそうです。確かにおみくじの内容を読んでも、当たり障りのない普通の事しか書いてありませんでした(笑)
 
という感じで、おみくじには神社によって色々な表現があり、中には京都の伏見稲荷神社のように17種類もの表現があるおみくじもありるそうです。しかし、どのサイトを調べてみても、やはり最後の締めくくりには、おみくじは当たり外れを競うものではなく、神様からのメッセージとして書いてある内容をよく読み理解し、その教えを元にこれから自分がどのように生きて行くべきかの道標にするものであって、それを行動に移すかどうか、生かすも殺すも引いた本人次第という事で文を結んでありました。損得勘定で生きている私には、正に目から鱗です。聞いて納得、調べて納得ですね!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

ほぐしの館高槻店のご案内

住      所:
〒569-0802
大阪府高槻市北園町19-16 タムラビルⅡ・ 2F
アクセス:
阪急高槻市駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
072-681-0948
営業時間:
10:00 ~ 20:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ