高槻市で慢性・重度の肩こり改善に特化した整体院

ほぐしの館高槻店


「60年目の駆け落ち」

皆さん、こんにちは!スタッフの宮川です。こんな出来事があったので、お話させて頂きたいと思います。先日、京都の実家に帰り、車から降りると一人の老婦人が私に尋ねて来られました。「すみません。この辺に福田さんという方、お住いではないでしょうか?」私は何軒か心当たりはありましたが、住宅地図を実家に取りに行き、調べてみると5軒ほどの福田さんが半径500mにわたり点在していました。

一軒、一軒を歩いて訪ねるのは面倒なので、車に乗ってもらって案内する事にしました。埼玉からその方に会いにわざわざ京都に来られたとの事で、その老婦人が福田さんと最後に会われたのは60年前との事でした。一応近くの交番にも行きましたが、住宅地図に載ってる以外の情報は教えられないとの事で、地図を見ながら一軒目を訪ねましたが、その家には誰も住んでいないような状態でした。
 
老婦人が逢いたい人は「福田みつお」さん 老婦人の名は「たえ子」さんでした。実は60年前、そのたえ子さんと福田みつおさんは結婚を約束し合った仲でしたが、たえ子さんは京都のお金持ちのお嬢様で、たえ子さんのご両親が福田さんとの結婚を猛反対し、福田さんとたえ子さんは駆け落ちをされたそうです。しかし、二人の居場所が分かってしまい、ふたりの仲は引き裂かれ、その後、たえ子さんとみつおさんは別の人生を歩まれました。
 
たえ子さんはその後、両親の勧めでお見合い結婚し、2人のお子さんを育て上げられ、ご主人は倒れられて10年介護をされていると語られました。そして、色んな事がありましたけれど、かた時もみつおさんの事を忘れた日はなかったと60年前のみつおさんの姿を思い出されていました。そんなお話をうかがいながら、私が一軒、そして一軒と訪ねましたが、はじめさんや、ひろしさん、かおるさんという違うお名前ばかり。

ここがついに最後の一軒ですと車で通ると、「ここの風景を覚えている」とたえ子さんは言われ、目をつぶり、両手を合わせられました。車で待機していてください。と言ってその福田さんのインターホンを鳴らしました。「恐れ入ります。少しお伺いしたいんですが、福田みつおさんはいらっしゃいますでしょうか?」とまどいながらの声で「はい。私の父ですが」とあり、私は思わず車の中にいるたえ子さんに向けてガッツポーズを送りました。

そしてその瞬間、「20年前に亡くなりましたけど、なにか御用ですか?」と返答がありました。私はそうですか、いきなり申し訳ありませんでした。と言って車に戻り、たえ子さんにその事を伝えました。確かに福田みつおさんというお名前で、たえ子さんの記憶と近い場所ですが、あのみつおさんではないかも知れませんよ。もう少し、おうちの方に事情を聞いてきましょうかと言うと、たえ子さんは明るい笑顔をおくりながら、もう十分です。ありがとうございました。と言ってまた目を閉じられました。
 
京都駅の前でたえ子さんと別れる際には、彼女は私の車に向かって深々と頭を下げながら、ありがとございました。とずっと手を振って見送ってくれました。そのたえ子さんの姿に19歳のたえちゃんが、乙女心をいっぱいにして、はにかむ姿が重なりました。素敵な人生のひと時をご一緒する事ができてとても嬉しかったです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

ほぐしの館高槻店のご案内

住      所:
〒569-0802
大阪府高槻市北園町19-16 タムラビルⅡ・ 2F
アクセス:
阪急高槻市駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
072-681-0948
営業時間:
10:00 ~ 20:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ